家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台空港へ

DSC_3439.jpg

何とこの日は

ANAに乗ります。

今年一年間、

JALには100回以上乗ってますが、

ANAは初めてです。

緊張します・・・。


DSC_3443.jpg

コンソメスープを頂きました。

美味しい。

普段、JALでは飲み物を頂くことが無いのですが。

あぁ、いつもは寝てるからだ・・・。


この日は寝ることなく、

大阪伊丹空港へ到着。

DSC_3450.jpg

玩具人形部会の次年度会長が

空港まで迎えに来てくれてました。

そのまま神戸へ移動。

DSC_3446.jpg

神戸一ウマい、らしい・・・

かつ丼で腹ごしらえ。

DSC_3448.jpg

この後は、

カラオケ屋に籠り、

次年度部会運営に対する前向きな協議。

もちろん、一曲も歌う事はありませんでした。


夕方、

DSC_3459.jpg

岡山へ新幹線にて移動。

DSC_3456.jpg

12月にオープンした

駅前の巨大モールを視察。

年末からは弊社の商品も扱って頂きます。


凄い人・・・

しかも、

皆さん、買い物袋を持っています。

見に来ているだけではないようです。


スポンサーサイト

【2014/12/21 15:29】 | 旅の思い出
トラックバック(0) |
フランクフルト国際空港へ到着。

ここは、

今年何度か来てますので、

慣れたもんです。

DSC_2618.jpg

早速、高速鉄道の駅へ移動します。


日本で、

ジャーマンレールパス

という、ドイツ鉄道の周遊券のようなものを

事前に購入してきましたので、

チケット販売の列に並ぶ事も無く

楽々乗車。

DSC_2623.jpg

何か憧れていた

ヨーロッパ鉄道の旅。


目的地の「ライプチヒ」まで

飛行機なら1時間。

新幹線なら3時間チョッと。


じゃぁ、なぜ新幹線で?


安かったからです。


DSC_2624.jpg

1等車へ乗車。

快適な個室。

車窓は、

北海道の大草原を走っているような感覚。

DSC_2636.jpg

食堂車も完備。

長旅も安心です。

DSC_2642.jpg

日が暮れるのが早いので、

ライプチヒ到着は既に暗くなり

DSC_2644.jpg

巨大な駅舎内を少々迷いながら、

DSC_2654.jpg

駅前のホテルへチェックイン。

DSC_2645.jpg

一週間、お世話になります。


実はこのホテル、

ネットで自己手配しました。

本部団が泊まっているホテルよりも、

半額以下でしたので、

迷わず自己手配。

しかも、

ドイツ語で。

google翻訳、大活躍!

ネットで申し込み、

最後はホテルへ最終確認のFAXを送り予約完了。

チェックインするまで不安でした。



森さんと共に、

ホテル近くのステーキ店へ。

DSC_2650.jpg

イングリッシュメニュー、プリーズ!


はい、わかりません・・・。


最近覚えた

recommend(おススメ)

を恐る恐る使い、

店員さんとのオーダーを楽しみながら

DSC_2651.jpg

ミディアムレアなTボーンステーキ!

美味しかったなぁ


結局、

ドイツ滞在中に

このお店へ3度訪れました。


翌日からの会議に備え

ホテルに戻り就寝。



【2014/11/26 00:46】 | 旅の思い出
トラックバック(0) |
この度の渡航は、

ドバイ経由のドイツ・フランクフルト行き

この行程を、

今年一年間飛びまくり貯め込んだ

JALのマイルを投入して

たった1万数千円の空港利用税のみで

往復する事にしました。

しかも、

JC現役最後の渡航ですので、

卒業旅行気分も伴い、

初めてのビジネスクラスを予約しました。

どうせなら、

憧れのエミレーツ航空のビジネスへ!

幸いにも、

JALのマイルで

エミレーツ航空のチケットが手配できます。

JALマイル、10万マイル投入!

感動、感激のエミレーツ。

振り返ってみます。


関空からドバイへ。

東京発にしなかったのは、

マイル枠の席が満席であったため。


オーソドックスな

ボーイング777という機材。

DSC_2551.jpg

そんなに新しいシートではないのですが、

そりゃ、これまでのエコノミー修行に比べれば

天国のようなシートです。

DSC_2553.jpg

ほぼフラットになるシートに、

CAのお姉様が、

マットを敷いてくれます。

快眠確定!

DSC_2555.jpg

飛行機でアルコールは飲まない主義なのですが、

完全に雰囲気に飲み込まれてます。

ウエルカムシャンパン!

頂きます。


DSC_2557.jpg

おいしゅうございます・・・。


おやすみなさい。



飛行機でこんなに寝られたのは初めて。

本当に快適な空間。

あっと言う間に

DSC_2559.jpg

ドバイへ到着です。

DSC_2564.jpg

機体もカッコイイ!

エミレーツファンになりました。


ターミナルにはバスで移動。

このバスも、

ビジネスクラス専用車。

確実に全員が座れるようになってます。

DSC_2574.jpg

昨年のアフリカ行き以来、

久しぶりのドバイ空港。

相変わらず広く活気があります。

DSC_2570.jpg

せっかくなので

ビジネスラウンジにて乗り換え待ち。

WIFI完備で退屈しません。


そして、いよいよ

フランクフルト行きへの搭乗。

待ちに待った待望の

エアバスA380型機!

二階建ての機材。

これに乗りたいが故に、

エミレーツのビジネスを予約したようなもの。


DSC_2582.jpg

素晴らしいパーソナルスペース。

半個室のような空間。

DSC_2584.jpg

各席にはミニバーのようなものもあり、

カラオケ屋の選曲マシーンのようなリモコンも完備。


早速、機内を散策。


DSC_2592.jpg

これが噂の機内バーカウンター。

ファーストとビジネス専用のスペース。

普段は決して機内では飲まない

ワインを楽しんできました。

英語が出来れば、

もっともっと楽しめるのですが・・・。

どちらから来たのですか?

から始まるコミュニケーション。

こんな社交場、素敵です!


DSC_2594.jpg

朝食です。

DSC_2609.jpg

ランチです。


そんなに食べられません。



寝るのがもったいない!


今年は、

8か国を旅してきました。

相当な時間、

飛行機に乗って移動してきました。

もちろん、

旅行会社にも頼ることなく、

自己手配で

限りなく安いルートで

もちろん、最安エコノミークラスで!

旅をしてきました。


こんな快適な移動空間があったとは・・・。

知らなくて良かった!

JC現役最後の渡航で良かった!


今回は、10万マイルで乗ってますが、

正規に購入するならば、

ドバイ経由ドイツ往復のビジネスクラス、

40万円超えです・・・。


あくまで、

2014年度、

JCI国際会議完全制覇記念(グランドスラム)、

並びに、

JC卒業記念の一環でございます。



【2014/11/24 23:59】 | 旅の思い出
トラックバック(0) |
山形発、大阪伊丹行きの飛行機を予約してたのですが、

お取引先の方に不幸があり、

急遽、飛行機をキャンセルし新潟へ。

しかし、

大阪の仕事も大事!

どちらも顔を出さないわけにはいきません。


唯一、熟慮の末に思い付いたプランにて出発!


DSC_2488.jpg

山形新幹線で新庄へ。

ちょうどお昼。

駅前の急行食堂です。

DSC_2490.jpg

名物の、とりもつラーメン。

独特な甘い出汁。

美味しくいただきました。

DSC_2492.jpg

ここからは、のんびり各駅停車。

ローカルな列車に揺られ、

DSC_2497.jpg

次なる乗換地、余目駅へ。

DSC_2499.jpg

おっ、

何か、カッコイイ電車が来た!

DSC_2500.jpg

2×1のゆったりシート。

半個室のような豪華なつくり。

快適に日本海沿線を新潟へ。


葬儀に参列し、

急いで新潟空港へ移動。

DSC_2502.jpg

新潟名物、へぎ蕎麦。

ゆっくり味わう時間も無く、かき込み完食。

DSC_2504.jpg

私が最後の搭乗でした・・・。

新潟から大阪へ。


DSC_2508.jpg

大阪御堂筋。

翌朝一番の商談にも間に合いました!


何事も諦めない事ですね。




【2014/11/19 22:29】 | 旅の思い出
トラックバック(0) |
出張やJC出向の旅の中で、

比較的にラーメンを食する機会が多くあるのですが、

DSC_2453.jpg

何故か北海道では当たらないんですね・・・。

そもそも北海道ラーメンは、

こんな感じなんでしょう。

DSC_2454.jpg

豚丼にしておけば良かったかな?


では、

どこが一番好みだったかと言えば、


広島県の尾道ラーメンが最強です!


あくまで、

ラーメンは個人の好みですからね・・・





【2014/11/14 23:55】 | 旅の思い出
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。