家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月26日
青年会議所 玩具・人形部会の今年度のスタートであります
2月部会・定時総会が東京浅草橋にて開催されました。
いよいよ、私の第34代部会長としての担いが実働となります。

会場は、
DSCF2914_convert_20090825155409.jpg
玩具会館です。
大変歴史ある会館で、
この度は、第3代部会長であります山田先輩よりご推薦頂きました。

DSCF2889_convert_20090825155538.jpg
所信や基本方針等、年初のご挨拶をさせて頂きました。
引き続き総会では、
08年の報告・決算、
09年の計画・予算、共に承認頂きました。
併せて、4名の新入会員の入会が承認されました。

DSCF2896_convert_20090825160454.jpg
この度の部会でご講演頂いたお二人です。
向かって左が、第3代部会長の山田先輩。
明治36年に創刊された「東京雛玩具商報」(現在のトイジャーナル)の
創刊号を手に、玩具・人形業界の歴史についてご講演頂きました。
右が学芸員の林さんです。
「節句文化の伝承と業界の未来」と題し、
節句本来の意義や文化伝承の必要性について
更には、業界人として身に付けておくべき専門知識など
様々な実例を交えながらご講演頂きました。

今年度部会の基本理念は、
「伝統文化の継承と安定した経営の両立を目指す」です。
玩具人形業界の発展には、
伝統文化の啓蒙活動が欠かせません。

我々が商材として扱う「玩具・人形」は、
子供たちに夢や希望を与え、
そして、まちが明るく豊かになる!
そんな業界としての社会的責任をも認識すべきであります。

全国各地で自分たちの住む「まち」をより良くしようと日々活動を行っている、
そんな精鋭たちが集まった「青年会議所 玩具・人形部会」には
無限の可能性があります。
「魅力あるjayceeによる 魅力溢れる玩具人形業界の創造」
をスローガンに、部会長として1年間精一杯努めてまいります。

スポンサーサイト

【2009/02/28 15:11】 | 青年会議所
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。