家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでは、

世界会議 ドイツ・ライプチヒ大会

各種ファンクションを振り返ってみます。


DSC_2676.jpg

大会初日

開会式よりも前

JCI基金ミーティングが行われました。

DSC_2679.jpg

JCI100周年を目前に、

基金関係も様々な議題を協議してます。

とっても大切な人事案件もありました。

DSC_2679.jpg

そのまま参加者一同、ランチへ。

原田歴代会頭のお隣。

ありがたい機会です!

DSC_2681.jpg

日本JC結団式です。

JCIシャイン会頭の来賓挨拶です。

多くの日本JCメンバーが参加されてます。

登録は千名越え!

日本のチカラを世界に知らしめております。

DSC_2696.jpg

世界会議の開会式です。

日本のファンづくり!

大変な盛り上がりでした。

DSC_2741.jpg

総会1です。

お役がありステージ側で待機です。

DSC_2743.jpg

国際アカデミーで同じチームだった

JCIスリランカのカーリル会頭が

次年度のJCI役員に立候補!

DSC_2744.jpg

同じく、

JCIセルビアのニコル会頭も!

彼はまだ20代!

いつか世界のトップになるなぁ・・・

仲間の活躍、本当に嬉しいものです。

DSC_2838.jpg

日本JC会頭招待レセプションです。

DSC_2840.jpg

海外のVIPをオモテナシ!

さ、英会話!!!

DSC_2842.jpg

席が隣だった

JCIカナダの会頭と記念撮影。

彼女も福山アカデミーで一緒でした。

残念、ピンボケ・・・。

2016年のカナダ世界会議、行こうかな!

DSC_2848.jpg

国際グループ渾身のファンクション。

言葉では伝えきれない魅力満載なひと時。

DSC_2853.jpg

続いて、

金沢JCさんからお招きを頂いた

VIPランチョン。

DSC_2854.jpg

いよいよ来年(2015年)は、

世界中のメンバーが金沢に集います。

レセプションに参加してみて、

万全の体制に感じました。

DSC_2892.jpg

ジャパンナイトです。

山形JCさんのブースをお手伝いしてきました。

JCIシャイン会頭と、山形JC斎藤理事長、

けん玉講座です。

DSC_2894.jpg

陽気な方と記念撮影。

DSC_2902.jpg

最後はみんなでダンスタイム!

最高の盛り上がりで幕を閉じました。

DSC_2914.jpg

総会3に向かう前に、

山形JCの安藤君と会場散策。

DSC_2915.jpg

LOVE KANAZAWA!

DSC_2916.jpg

カナダ行きのボーディングパス。

これ持っていくと、

何か良いことあるのかな?

DSC_2917.jpg

さて、総会3です。

DSC_2922.jpg

山形JCさん、

JCI基金へのご協力、

ありがとうございました!

1417343536901~2

わたくしも、

グランドスラムの表彰を受けました。

頂いた「盾」を見てみると、

4つのエリア会議に参加した人が貰えるようで・・・

今年でいえば、

アメリカエリアのコロンビア

アジア太平洋エリアの山形

アフリカ中東エリアのトーゴ

ヨーロッパエリアのマルタ

でした。

これに、世界会議のドイツ、

なんですね。

最初聞いていた話では、

7月のニューヨークも?

あれ、違うのかな?

私は他にも、

1月のアメリカJCI本部で行われた会議にも

オブザーブ参加してましたので、

一応、完全制覇!

のようです。

DSC_3004.jpg

日本JC解団式です。

天木さん、稲葉さん、お疲れ様でした!

DSC_3007.jpg

基金レセプションに参加。

後藤先輩より

有難いことに、

皆さんの前で紹介を頂きました。

恐縮です・・・。

DSC_3023.jpg

そして、最終日最後のファンクション

GALAパーティーです。

今年は、

100周年記念フェアウェルパーティの名称で

開催されておりました。

DSC_3028.jpg

やっと会えた!

国アカでバディだった

JCIポーランドのミカエルです。

何千人といる会場の中で、

奇跡的に再会し、記念品を渡す事が出来ました。

いつか必ず行くよ、ポーランドに!

英会話教室をオープンしたことも伝え、

本当に喜んで、そして励まして頂きました。

まさか、まさか・・・

海外にまで

お互いを高めあう仲間が出来るとは


私の激安海外放浪の旅は

まだまだ終わらないようです。


DSC_3035.jpg

本当にこれで最後の海外ミッション、

世界との本物の友情を育む事の出来た「国際の機会」。

JCってすげーなぁ・・・

素直な感想です。


JCには、底知れぬ無限の可能性があります。

ただし、

先の見えぬ

未知なる道を歩む覚悟を持った人のみ

その可能性に触れることが出来るのでしょう。


チャンスを与えてくださった

山形JCさんには本当に感謝です。

ASPAC招致運動がなければ、

ここまで国際の機会に恵まれることは無かったかも知れません。


さて、

この経験をどう活かしていくか!

じっくり考えてまいります。


スポンサーサイト

【2014/11/29 00:02】 | 青年会議所
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。