FC2ブログ
家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
天童JCの会員として、
1年で最も体調を万全にしなければならないこの日に、
不覚にも完調とは言えない状態で卒業式を迎えてしまいました。
まだまだ自己管理が出来ていない証拠です。お恥ずかしい限りです。

まずは、今年度荒木理事長の肩から
重たいもの!(責任)を取り外す儀式です。
20091214194057_convert_20091219213417.jpg
荒木理事長、1年間本当にお疲れ様でした。
理事長より頂いた本年の様々な「機会」に感謝します。

卒業生の皆様です。
高橋直前のご発声で乾杯!
20091214194754_convert_20091219213551.jpg

こちらの記念品は、
例会、理事会、常任理事会への出席率が中々宜しい!
との事で、荒木理事長より頂戴しました。
20091214192015_convert_20091219213535.jpg
中身は、出羽桜の純米酒「一耕」だったような・・・?
他のテーブルへ挨拶回りをして自席へ戻ったら、
既に空き瓶状態でした。恐るべし天童JCです。
と言いましても、私も他のテーブルで頂いてるのですが・・・。

20091214210215_convert_20091219213607.jpg
今年度の新入会員は、溢れんばかりのパワーで
笑いと感動の素晴らしい渾身の余興をご披露されました。

思い返せは8年前の2001年、私が新入会員であった時は、
当時の委員長であった高橋重○先輩から
「汚い物は見せるな!感動系で行け!」との指令を受け、
その頃CMで盛んに流れていた「武○士ダンサーズ」を
踊りの大先生をお招きし、約1ヶ月トレーニングを続け、
それでも足りないと言う鬼の委員長より
「ゴスペラーズ」を笑いではなくマジで歌え!という追加指令を受け、
野郎7?8人で、カラオケボックスに行ってアカペラ練習をやってました。
こんな所から、同期の結束は生まれるのですね。

天童JCでは、卒業生に縁のあるメンバーが卒業証書を読み上げます。
私は、2007年度に理事長へ仕えた専務理事として、
仲○賢親分の卒業証書を読み上げさせて頂きました。

これまでのエピソードを失礼の無い程度に
面白おかしく披露し、笑いの中で爽やかに
卒業をお送りするのが天童JC流の慣例ですが、
完璧主義な仲○親分には、
面白おかしい(シャレになる)笑い話がございませんでした。
ここは割りきって、仲○親分のこれまでの数々のご功績と、
私自身、ご一緒させて頂いた中で強い影響を受けた事を中心に
5175文字の中に「感謝」の思いを書き綴らせて頂きました。
PCの前では、キーを打つ手が止まり涙する事もございましたが、
無事しっかりと卒業証書を読み、お渡しする事が出来ました。
常に物事の本質を問い、原点を見つめなおすそのお姿は、
しっかりと後世に伝えてまいります。
ぜひ、卒業しても「生涯一JAYCEE」を貫き通して下さい。
あなたは私のプライドですから・・・。

天童JCには、卒業証書を渡した後に「チョッと待った!」コーナーと言う
卒業生に対し、一言物申したいメンバー用の時間があります。

私は山口清○さんへの「チョッと待った!」では、
昨日靖国神社で購入してきた御神酒と、
清○さんのトレードマークである靖国謹製「扇子」を
これまでの感謝の言葉と共にプレゼントしました。
清○さんは、近現代史に大変お詳しく、お話しを伺うにつれ
ここ数年で、私はとても強い影響を受ける事となりました。
しっかりとした歴史認識を持つべく、更に勉強致します。

緑英○さんへの「チョッと待った!」では、
私の嫁さんが選んだプレゼントを差し上げました。
み○りさんは、私と嫁さんの結婚のきっかけを作って下さった「仲人」で、
当然、心を込めた感謝の言葉を述べるつもりでした。
「JCに入会していなかったら、み○りさんと出会っていなかったら、
今、嫁さんと一緒にはいませんし、可愛い娘もいません・・・」
くらいまでお話しした所で、来てしましました、何かが・・・。
これ以上、言葉にする事ができませんでした。
2010年度、東北地区協議会の野○会長と作○副会長から
み○りさんと2007年度地区同期と言う事で、ビデオメッセージを頂いておりました。
驚きと共に、大変喜んで頂けたようです。
最後に、み○りさんの東北地区でのご功績と、
2010年、私が地区へ出向する(心を決める)にあたって、
私の背中を押して下さった誰も知らない事実を、
感謝の言葉に代え、ご挨拶しようと思っていたのですが、
全く言葉になりませんでした。
心が冷たい訳ではございません。言葉を忘れた訳でもございません。
ここで言わずにどうする!我ながら最低でした。
み○りさん、本当に申し訳ございませんでした。

最後は、卒業生お一人お一人からのメッセージです。
20091215012003_convert_20091219213626.jpg
それぞれが個性的な、
これまでの歩みを象徴するかのようなお言葉でした。

天童JCにとって一つの大きな時代が終焉したような、
そして、残された現役に対する大きな責任が発生したような、
そんな気持ちになる2009年度卒業式でありました。

44年組の皆さん、ありがとうございました。
これまでの様々なご活躍、本当にお疲れ様でした!


19時開会、26時閉会、
設営に携われた方々、長時間お疲れ様でした。


今度はのどに異変が・・・。


【2009/12/15 23:18】 | 青年会議所
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック