家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年間ほど苦しまされた親知らず。

震災後に応急処置をしてもらっておりましたが、

結局は「邪魔な物」と言う事でしたので・・・


20130214_120123.jpg

昨年末から再び通っております

あべ歯科医院にて抜歯してもらう事になりました。


阿部先生は、ご存知の通り東根JCのOBで

2007年に理事長を勤められた大先輩です。

当然ながらJCの事も理解されてますので、

理事長やブロ長やってる時は

中々抜歯に踏み切れない事情をご理解頂いておりました。


心配性なわたくし・・・

「親知らず 抜歯」とキーワード検索し、

見なければいいものまでネットで知識を得、

抜いた後の激痛や顔の腫れなど、

極度にビビリながらの通院でありました。


少々長丁場になる事を先生から丁寧に説明を受け、

「さて、始めますか!」

の掛け声と共に抜歯が始まりました。


随時、先生からは状況の説明があり、

削って割って砕いて、少しずつ・・・

麻酔も随時足して下さり、

抜歯中の痛みは皆無でした。


約1時間。


無事に左下の奥深くに隠れていた親知らずを

抜歯する事が出来ました。


先生からは、数日は痛みや腫れがある説明を受けました。

これが昨年まで踏み切れなかった理由です。

ネットの予備知識によると、

酷い場合、1週間はまともな生活が出来ない事もあるらしい。

昨年は、1週間の休養を入れるのは絶対に不可能でした。



この日は、久しぶりの休日としました。

ゆっくりと休養。


夕方目覚めると・・・


あれっ、痛くない?


夜になっても痛くない。腫れも無い。


普段の行いが良いからでしょうか?

いや、きっと阿部先生が上手なのでしょう!


結局は、痛みと戦う事はありませんでした。



大学生の頃通っていた歯医者から「抜け!」と言われてから18年。

阿部先生から「抜いちゃいましょう!」と言われてから2年。


あっけないお別れでした。



今日も受付のお姉さまは和やかにお声掛け下さいました。

「柴崎さん!今日はお酒飲めないねぇ・・・」


素人でも今晩飲んじゃヤバイ事は分かりますが、

「ハイ、ソウデスネェ・・・」

と、脱脂綿を奥歯にくわえたまま精一杯の笑顔で答えました。



本当に良い歯科医院だと思います。

東根近郊の方、オススメです。

JCの方、ネームかバッジが何か分かるものを身に付け行って下さい。

先生(先輩)から、きっと良い話が聞けます!

あべ歯科医院http://www10.plala.or.jp/abedental/index.html



あっ、米沢の万世町にもJ的な先生がおります!
http://yoneshi.org/dentist/eastern/bansei

こちらは、治療と共に国家感や歴史認識が向上します!(あくまで推測・・・)





【2013/02/15 17:52】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。