家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育委員会からの依頼で

市の社会教育委員会議へ出席してきました。

20130315_132201.jpg

この手の会議、

定刻開会どころか10分前には皆着席が当たり前!

天童市市民歌は歌詞を見ないで歌う方が8割。

市民憲章は何も見ないで朗読する人が半数以上。

市民として志の高い方ばかりの会議です。


新年度の事業計画の中に、

地域のリーダーを育成すべく

「未来塾(新設仮称)」を立ち上げるとの事。

日本JCの地域プロデューサー育成塾に通う私としては、

とても関心を持って説明を聞かせて頂きました。


早速の質疑タイム。

まぁ、ここからが驚きの連続だったのですが・・・



地域リーダーの「地域」って?どこを指すのですか?


そんな事を疑問に思うだけでスゲーと思うのですが、

市全域と言う方と、町内会くらいだ!という方がいました。

市内全域の活性化が目的の「地域リーダー育成塾」

幅広い視野を持つ事が大切なのは言うまでもありません。



塾の参加対象者年齢層は?


事務局側は制限なしを計画中。

いや、若者中心だろう!

と言う意見と、

定年過ぎた時間に余裕のある年配!

と言う意見がありました。



もちろん、私も持論を発言させて頂きました。


結構ショックな事を言われました。


JCさんはでかい事やるけど、

町内会とか青壮年会みたいな町の行事に関わんないだよね!


確かに、私も引っ越してから初めて町内会総会とかに行きましたが、

ここは敬老会か?と言うような場違い感を味わう結果となりました。

もちろん、PTAや町内行事などにも積極的に関わっているつもりですが、

総論として、市民のJCに対する視点とはこんなもんなのか・・・



地域から頼られ求められるJCでありたい。

そして、必要とされる人間でありたい。


良い勉強になった、そして刺激にもなった会議でありました。







【2013/03/15 16:58】 | 青年会議所
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。