家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曜日です。

寝ずに朝を迎えました。

20130711_043350.jpg

歴史も文化も違う外国の方々と、

同じテーマで、同じ目的を持って議論することは、

普段の生活ではあり得ない、極めて貴重な経験でありました。


相手は次年度の各国会頭ばかり。

だからといって、決してレベルが追い付けなかったわけではありません。

事業立案に際して、

そもそもの組み立て方が違っていたような気がします。

これは勉強になりました。


相互理解!!!

自己主張の前に、相手を理解すべき!

日本人でもいますよね、

会話のバランス(キャッチボール)が取れてない方が・・・。

一方的に「熱」だけでマシンガンのようにお話される方が。

「shiba、お前はどう思う?意見を出しなさい!」

何度もこんな事が繰り返されました。

真のリーダーには「聴く力」が必要なのでしょう。


この日、朝まで議論した経験は、生涯の糧になる事でしょう!



午後からは福山市内に移動してのプログラム。

20130711_152738.jpg

福山城を撮影するスリランカ人を撮影する日本人。

最高の天気です!

20130711_163224.jpg

「お茶」の体験です。

私も初めての経験でした。

作って差し上げる、という流れが、海外の方々には新鮮だったようです。

(皆、自分で作ったものは自分で飲もうとしてました)

相手を思いやる心の醸成プログラムのようでした。


この度の国際アカデミーを通じ、

福山JCさんの設えで、

最も感動し、鳥肌が収まらず、涙が出そうになったこと。

それは・・・、

20130711_174825.jpg

「フラッシュモブ」

不特定多数の人間が公共の場に突如集合し、

目的を達成すると即座に解散する行為(ウィキペディアより)


驚きました!

500名もの福山市民が、合図と共に広場に集結し、

音楽に合わせダンスダンス!

私服の方から制服の方、仕事着の方、

子どもからお年寄りまで、

あっと言う間に、会場の人々が「一つ」になってます。


いかに福山JCさんが日頃から市民の賛同を得ているのか?

声がけひとつで500名の市民が集うと言う事は、

そう簡単な事ではありません。


スゴイ!

こんなの見た事無い!!!


市民と福山JCさんが一つになって

この国際アカデミーを創り上げていると言う事でしょう。

大会招致の理想的な「カタチ」だと思います。


20130711_201954.jpg

感動はそのままに、

続いて、福山市民の方々とのワークショップ!

世界中のJAYCEEが、福山市の未来を真剣に考えます。

これも凄い企画ですね。

20130711_210435.jpg

コーディネーターは、もちろん原田先輩。

市民とJCとの「つながり」。

共に進める「まちづくり」を実感できるプログラムでした。


20130711_230840.jpg

ほぼ睡眠時間ゼロにもかかわらず、

みんな元気です!


おやすみなさい・・・。




【2013/07/11 13:42】 | 青年会議所
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。