家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国各地に約700の青年会議所がありますが、

夏真っ盛りなこの時期に、

多くのJCが地域の方々を対象とした事業を行っています。


天童青年会議所もその一つ。

20130810_075734.jpg

市内の小学生と大学生ボランティアが、

天童市内を徒歩で一周すると言う事業。


何やら、複雑な背景と目的だったような・・・


メインの対象者は「学生ボランティア」!

これはこれで良いんでしょう。

次世代を担う青少年育成ですね。素晴らしいコンセプト。


じゃ、募集した子ども達は?

募集定員60名に対し、当日の参加者は20名足らず。


一体、誰のニーズを満たす事業だったのか?


この事業の魅力とは?


JCの自己満足に陥っていないのか?


手法論先走り事業だったのかな?


それとも単に広報不足?


じっくり検証しましょう!


とにかく、

参加頂いた少数の子ども達、ボランティアには

多くの実体験を通じ、沢山の経験を積んで頂きたいと思います。



20130809_160028.jpg

夕方からは河北町へ。

私が5月にアフリカに行った際に

自分で撮影した写真をプリントアウトし、

町民の皆様へ地球の裏側の現実を発信します!


20130810_165239.jpg

「かほく うまいもの横丁」の開会です。

隣の会場では、「夜のどうぶつえん」も開催されています。

渡辺理事長によるご挨拶。

町長さんもいらっしゃってます。

20130810_170728.jpg

ブースも完成です。

NOTHING BUT NETS キャンペーン

これは、マラリア蔓延撲滅に向け全国各地のJCが取り組む運動。

決して、日本JCやブロック協議会が主体的に行うものではなく、

LOM重点依頼運動として、各地のJCが積極的に動くものです。

と言うわけで、渡辺理事長も例のポロシャツを着て頑張ってます!

私は、あくまで河北JCさんからご依頼を頂いての

お手伝いとしての参加です。

河北JCさんの取り組みに感謝します。

20130810_181433.jpg

それにしても、凄い来場者数でした。

理事長自らが広告塔となって走り回っていたのを拝見しております。

事業にかける「覚悟」なのでしょう。

もちろん、そんな姿をメンバーはよく見ているものです。


地域に潜在する「たから」を集結し、

町内の有名店同士を「結び」、町民とそれら店舗を「結ぶ」。

JCが地域の「結び手」となり、JCが地域活性化に向けた原動力となる。

これは、単なる物産展ではありません!

素晴らしい「結の精神」を発揮した運動でありました。


これをイベントと捉えるか?

それとも、意識変革運動と捉えるのか?


会場で来場者の表情を良く見れば一目瞭然です。


本年は初の試み。

第三者から見て、細かな課題も見えました。

来年以降の「進化」がとても楽しみです!


それにしても、

河北JCさんのメンバーの動き、手際の良さ、

初めての事業とは思えない機敏な動きでした。

撤収のスピードには驚きました。



リーダーが優秀なんだろうなぁ・・・



と言う事で!




【2013/08/10 14:40】 | 青年会議所
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。