家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの塩竈市。

20140212_115551.jpg

この、「覚悟」に込められた思いを、

2008年、東北地区協議会会長の矢部先輩を訪ね

伺ってまいりました。

20140212_124737.jpg

世界一美味いと思われるお寿司を頂きながら・・・

そして、随分と洒落たカフェで・・・



頑張ろう?

絆?


そんなんじゃないんです。



「覚悟」


3時間、たっぷりと闘魂注入頂きました!



あの大震災の、わずか3日前、

矢部先輩を訪ね、同じように話を伺ってました。


そして、震災から数日が過ぎ、

「柴崎!頼む!」

この一本の電話から、天童JCとしての支援活動が始まりました。

夕方4時、

「明日朝まで、炊き上がったご飯500人分、塩竈まで持ってきて!」

通常の状態なら、何だそれ!

と言いたくなるような依頼でも、

あの震災は、平時ではありません。


出来ない事は無い!

そこに、支援を継続して行う「覚悟」はあるのか?


当時の、天童JC理事長としての心境を思い出しながら、

矢部先輩の「覚悟」を伺っておりました。



今になって、

ふと、当時の自身のブログを振り返ってみると、

http://shibadolls.blog63.fc2.com/blog-entry-393.html

そこには、確かに「覚悟」の文字が刻まれておりました。


時々、読み返す事がある報告書。

20140216_173849.jpg


あって欲しくない大災害。

しかし、避けては通れない自然災害、

当時関わってくれた天童JCの仲間が、

「覚悟」を持って次なる「備え」に動いてくれてます。



矢部先輩が今取り組んでいる「かたち」にするまちづくり。

決して精神性だけでは取り組めないリアルな世界。

大変興味深いお話、また伺います!



【2014/02/12 17:08】 | 青年会議所
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。