家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪世界会議でのジャパンナイト翌日、
6日(土)、大阪伊丹空港より奄美大島へ。

10月末の豪雨被害による災害へのボランティア参加のため
奄美大島へ4日間の日程で行ってきました。

DSCF4775.jpg
珍しく機内で寝ることなく飲み物を頂きました。
何だか色?んな事を考えながらの移動でした。

私は幸せな事に、
2008年には地区大会を天童で「主管」として経験し、
本年2010年度は、地区役員として「主催」を経験させて頂きました。

地区大会の運営には、様々な気付きや経験はもちろん、
真剣に取組んだが故の大きな達成感もございます。

本年、九州地区の会員大会は、奄美大島JCの主管開催でした。
口蹄疫問題で、10月末に開催が一時延期となり、
そしてこの度の豪雨被害により中止となってしまいました。

開催予定のたった10日前の豪雨・・・。


天童大会の10日前は何をしていただろうか?
今年度泉大会の10日前は何を準備していただろうか?

両大会とも、間違いなく最終の詰めの段階でありました。
おそらく奄美もそうであった事でしょう。

あとは開催日を待つばかり・・・。

であったはずです。


様々な思いを過ぎらせ、奄美大島空港へ到着。


DSCF4922.jpg
キャンプ?
あ?普通に来てるんだぁ

空港周辺は、いたって普通の状況です。
被災地とは思えない様子でした。

DSCF4778.jpg
目的地の奄美市内まではバスで1時間ちょっと。

途中、

DSCF4782.jpg
土砂崩れが何箇所か。

DSCF4795.jpg
やはりここは被災地。

道路が片側交互通行であったり、
トンネルが停電状態の所もありました。

無事に市内へ到着。
ネットで予約していたホテルへチェックイン。
これから3泊お世話になります。

07新潟ブロ長の目黒先輩の講演会にて
災害支援に行く際は、
自己完結型(泊まり・交通手段・食事などは自己手配する)が鉄則で、
被災地の方へ迷惑をかけないようにとお聞きしておりましたので、

一人でホテル近くのレストランへ食事へ。

DSCF4800.jpg
ステーキで明日からの支援活動への気合入れ!
これで¥1000、安くて美味かったです。

夕方からJCのミーティングがあるとの事で会場へ。

当日の反省、そして、翌日の支援計画などが説明され、

更には、

ご当地奄美大島らしく、

DSCF4809.jpg
ハブに噛まれた際の応急手当実演が行われました。
遭遇しない事を祈るばかりです。

一通りミーティングも終わり
明日に備えホテルで休もうかと思っていた所、

「それでは皆さん食事に行きましょう!」

との声が。

えっ、災害支援は自己完結じゃないの?

そっと前日から奄美入りしたメンバーに聞いてみると、
これが奄美のおもてなしスタイルとの事。

それであれば、喜んで参加します。

DSCF4811.jpg

って事で、
先ほど食べたばかりのお肉で懇親会です。

写真のブルーのシャツを着た方(右は委員長様)は、
九州地区の会員大会運営委員会のメンバーです。

何度も上程を繰り返し、
何度も主管LOMとの調整を繰り返し、
何度も行政や地域との調整を繰り返し
何度もPRキャラバンを行ってきた、

そんな地区大会運営委員会のメンバーが、
今は被害を被った主管LOMで災害支援を行っています。

どんな心境なのだろう?

本当に皆様にお会い出来て、お話が出来て、
奄美に来て良かったと感じました。


私の他にも、この日奄美入りしたのは、
四国地区の監事様、委員長様がいらっしゃいました。

九州と四国と東北と、
3つの地区の委員長が揃い、
偶然にも3人共に次年度理事長。
話題に欠く事はございませんでした。


明日からの災害支援に備え早めに就寝。

と思いましたが、

やはり、10日前の中止のことを思うと、
主催・主管、両者の立場から私は考えてしまい
中々寝付けない夜となってしましました。



災害支援実働編につづく



【2010/11/07 16:55】 | 青年会議所
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。