FC2ブログ
家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
仕事やJCの多忙を理由に、
娘をどこにも連れて行っていないなぁ?

そんな時、目にしたのが、
寒河江JCの荒木君の「298ブログ」にあった「雪旅籠の灯り」の記事。

早速ネットで詳細を調べ、
娘に見せた所、大興奮しながら「行きたい!」との事。

天童は少々雪のチラつく寒さだったため、
完全防寒の上、いざ月山志津温泉へ。

高速を西川で降りた辺りから様子が変わってきました。

月山に近づくと、通行止めの影響も有り
すれ違う車も無く、少々不安にも・・・。

DSCF6444.jpg
2m以上もありそうな雪の壁の間を、
吹雪で視界も無く、感で走っておりました。

DSCF6479.jpg
何とか無事に会場へ辿り着きました。
来るきっかけをくれた荒木君も、ブースで活躍されておりました。
荒木君曰く、「天候最悪の日に来たねぇ?」
本当にありえないくらいの猛吹雪です。

DSCF6464.jpg
私の下手な写真では伝わりませんが、
幻想的な空間で、本当に見る価値有り!

かまくらの中は外よりも当然温かく、
娘は何度も転びながら走り回り喜んでおりました。

DSCF6472.jpg
ブログ初登場?の嫁様です。
「かまくらBAR」だそうですが、酒飲んでる方はあまりいませんでした。

帰りの運転は下り道。
ゆ?っくり慎重に運転して帰ってきました。

DSCF6495.jpg
月山IC付近、雪崩通行止めの現場が見えました。
夜通し作業をされているようです。
この度の雪崩で、被害者が出なくて本当に良かったです。


幻想的な「雪」の魅力。
災害をももたらす「雪」の怖さ。


そんな両面を感じる一夜でございました。





【2011/03/05 22:17】 | ファミリー
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック