FC2ブログ
家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
福岡の帰りに神戸へ。

昨年末以来、久しぶりの訪問です。

DSCF7170.jpg
トイレに立ち寄った庁舎の上階が展望室になっておりました。
画像は三宮駅方面です。

DSCF7181.jpg
庁舎脇の公園にある像です。
大震災の際に根元から折れ倒れてしまったそうです。
時計はその時(5時46分)を刻んだまま・・・。

この度の神戸訪問の目的の一つ、

DSCF7178.jpg
「希望の灯り」です。

(碑文より転記)
電気もガスも水道も無い中、手をたずさえ支えあったあの「こころ」は、
まさに暗闇を照らす小さな灯火だったのです。


繋がり、相互扶助、結い・・・

支援活動を通じ、希望の灯りを灯す事が出来ているのだろうか?

昨年、東北地区協議会でお世話になり、
心から尊敬している黒石のボスが良く仰っていた言葉、
「未来に希望という灯りを灯し続けるために・・・」

を思い出しながら、そんな事を考えておりました。

神戸に行った際には、ぜひお立ち寄り下さい。


この後は、3度目の訪問となる「人と防災未来センター」へ。

DSCF7192.jpg
何度訪れても新たな気付きがあります。

この施設のボランティア説明員の方とお話させて頂きました。
自身の家屋も全壊された被災経験者でございました。
被災経験者として、生涯かけて「備え」の必要性を訴えていくと仰ってました。
私が東北から来た事、昨年は東北エリアのJC災害支援担当者であった事、
そんな話をした所、長話になってしまい、
大変貴重なアドバイスや、有識者をご紹介下さいました。
特に、「共助」の大切さについて多くの意見交換をさせて頂きました。
東南海地震も高い確率で発生しうる中、
次代を担う子ども達に、この大切さを伝えたい!
熱くお話されておりました。

貴重なお話を頂戴しました。ありがとうございました。



帰りは伊丹空港から山形便です。

一旦梅田まで出て、


生れて初めての経験・・・

一人でのれんをくぐる勇気がありませんでした。

ご当地なりの「しきたり」があるとも聞いてました。

DSCF7198.jpg
串揚げ立ち飲み屋です。

こりゃ美味い!私的な大阪の定番になりました。



前線の影響で揺れまくる小型飛行機で
無事帰ってまいりました。



【2011/04/28 17:02】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック