FC2ブログ
家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
福島県南相馬市にて開催されている「ありがとう 火の祭り」へ
食材提供に行ってきました。

ご当地の原町青年会議所様
並びに福島ブロック坂田会長からの依頼です。

DSCF8701.jpg
会場は市内中学校のグラウンド。
多くの避難者及び市民の皆様が参加されております。

運営は「地域の方々」。決して行政や他地域の方ではありません。
避難されている方々が自主的に企画運営されているそうです。

会場内の案内や誘導など、すべて地元地域の方々。

素晴らしい!

何かに、誰かに頼りっぱなしではなく、まさに「自立」です。

到着早々感動致しました。


本来ならば、支援に向かう側が準備すべき
テントや椅子、テーブル等も全て準備されておりました。

DSCF8696.jpg
段ボールに手書きで「山形県天童青年会議所」。涙が出そうです。
どんなに綺麗な看板よりも心のこもった物であります。

品目が「フルーツポン」!

どうやら「チ」が抜けてしまったようでしたが、
今日は「フルーツポン」でOKです!

DSCF8703.jpg
果物は鮮度を保つために現地にてカットです。
私の出る幕は無しでした・・・。

DSCF8710.jpg
実に贅沢な逸品です!
正直、私も食べてみたかった・・・。

DSCF8705.jpg
あっと言う間に大行列。
多くの皆様に喜んで頂けたようです。

DSCF8714.jpg
震災直後、天童市の避難所へ来られていた方から御礼の挨拶を頂きました。
「天童」と言う名に反応し、ブースまで駆けつけて下さいました。
我々天童JCは、震災直後から市内の避難所にて受け入れ支援活動を行っておりました。

DSCF8713.jpg
福島ブロックの坂田会長がいらっしゃいました。
本日は、宮城県の泉JCさんも一緒に支援活動を行いました。

我々の準備した「フルーツポン」も350名分無事提供が終了。

皆様にご挨拶を済ませ、南相馬を後にしました。

前回の訪問時にはほとんど姿が見えなかった子ども達や若い女性が
この街に戻りつつあるように感じました。

支援活動を行う中で、子ども達の笑顔が何より嬉しいものであります。


天童に戻ってからは、恒例の反省会です。
神聖なる事務局にて「反省会」です。

DSCF8717.jpg
原町JCの田中理事長様から頂戴した有難いお酒を
本日参加した皆で頂く事にしました。

DSCF8721.jpg
天童JCの事務局、狭いキッチンにて腕を振るう黒田委員長。

DSCF8718.jpg
いただきます!

DSCF8722.jpg
正副理事長全員、
地域防災担当委員長
熱き「利他の心」に燃える新入会員1名。

原町JCさんより頂いたお酒を飲みながら、
明日の東北を語り合い、お開きとなりました。

DSCF8723.jpg
最後に、何故か「いとしのエリー」を熱唱する石山副理事長で閉めます。



【2011/07/25 03:21】 | 青年会議所
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック