家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第32回全国中学生選抜将棋選手権大会がいよいよ開幕です。

天童青年会議所にとっては、何よりも年間の一大事業。

理事長(大会実行委員長)としてもテンションが上がります!

DSCF8849.jpg
ステージ上の演壇からみた写真です。
上手く選手の皆さんにメッセージを発信することが出来るだろうか?

代々の理事長が、緊張した面持ちで挨拶されているのを
これまで十数年見てきました。

みんなすごいなぁ~
なんて他人事のように思っておりました。


今年は、どうしても選手の皆さんに伝えたいメッセージがあります。

今年だからこそ伝えなければならないメッセージがあります。

北は北海道、南は九州沖縄、
全国各地からここ「東北」に集う選手の皆さんに「発信」すべき事があります。


あ~、絶対に私も緊張します・・・。


でも大丈夫!


私には、


DSCF8854.jpg
昨年東北地区に出向し、
野呂親分から記念品として頂戴した「いざ、はっしん」扇子があります!

この時のために、大事に箱から開けずにとっておきました。

効果絶大(であろう)この扇子をポッケに忍ばせ、
明日は開会式での実行委員長挨拶(はっしん)に挑みます。


DSCF8856.jpg
午後からは、選手並びに引率の方々が続々と会場入りです。

大会会場は天童温泉 ほほえみの宿滝の湯。

DSCF8861.jpg
(写真手前)山口副理事長、私と同期JC入会。滝の湯専務様。
(写真奥)裕司君。山口副理事長の弟様。滝の湯支配人様。来年JC入会か?

お二人には本大会のみならず、日頃より大変お世話になっております。


DSCF8862.jpg
恒例の開会式リハーサル。
本大会は棋力の向上やチャンピオンを決める事だけが目的ではなく、
主たる目的は「青少年の健全な育成」であります。
将棋は礼に始まり礼に終わります。
しっかりと「礼」も出来ないような生徒は、中学生棋士として失格です。

上記のような趣旨を明確に伝えずにリハを進行しているのも少々問題かと思い
あえて私から選手並びに保護者の皆様へ簡単に説明申し上げました。

恒例であるリハではありますが、
進行方法等、主催側として改善点も多々あろうかと感じました。
しっかりと来年度へと引き継いでまいります。

それにしても本年出場の選手の皆さんは元気があって素晴らしい!


夜は、公益社団法人日本将棋連盟様、並びに将棋連盟天童支部様との懇親会です。
JCからは、山口副理事長に同席頂きました。

日本将棋連盟さんは4月に「公益社団法人」に移行されました。
我々天童青年会議所も7月に「公益社団法人」へ移行しました。

話題は「公益」でした。


DSCF8868.jpg

会場設営も完了し、
JC的な前夜祭も程々に、明日の挨拶を考えながら早めの就寝となりました。



【2011/08/03 10:38】 | 青年会議所
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。