家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の通う小学校の運動会
PTA役員として、手伝い要員での参加です。

DSCF9619.jpg

真に勇ましい応援団の子ども達!

児童代表の子(実行委員長?)の挨拶も素晴らしかった!

DSCF9637.jpg

さて、我が娘は?

発見不可能・・・。

先輩からの訓え。

「靴下や靴の色を出掛けに覚えてくるように・・・」

確りと来年に活かします。


私らの頃の運動会とは随分と変化を感じました。

まずはお昼。レジャーシートでお弁当開きはもう無いのですね。
子供は教室で昼食。保護者は一旦解散。

徒競走。1位から6位まで全員のタイムを測定します。
記録会の意味合いが強いような事を聞きました。

リレー。何と!全員参加のリレーです。
選ばれし勇士をクラス全員が応援するスタイルではないんですね。

騎馬戦。鉢巻を取り合うのではなく、頭に付けたキョンシーみたいな「お札」を取り合う。
しかも、やたらとルールが多く説明も長い。1騎に1名保護者が付き監視・サポートする。

運動会の大定番、綱引きやマリ入れが競技から消えている。

それぞれ理由を伺いましたが、
なるほど・・・と納得すべき部分と、
なんじゃそれ!的な部分と、
実は理由が良く分からない(浸透していない)部分と様々です。

私が小学生だった頃との「変化」が、「進化」であれば良いのですが・・・。


先生方は勿論、
子ども達も自分達の運動会と捉え、自主的に設営側に努めていたのは感動しました。
みんなでつくる楽しい運動会でした。




【2011/09/11 12:31】 | 学校
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。