FC2ブログ
家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
天童市の災害支援ボランティアセンター
運営マニュアル策定会議へ参加してきました。

DSCF0690_20111218002418.jpg
今日で第5回目の会議です。

前回出された意見の対応状況を
参加者皆で確認し合いました。

「JCさんの意見はいかがですか?」
と問われる場面が多々ございました。

市や社協側の考えと、
市民目線(ボランティア側)での考え方の違い、
責任の所在等々、これは、やはり最後まで少なからず残りました。

それでも、
震災前の2月頃の会議に比べれば、
格段に意識は統一されたように感じます。

2011年度天童JC的には、
所信に記した「行政や各種支援団体との連携をより深め・・・」
が見事に達成された瞬間でもありました。

この会議体、
天童JCは決して招かれた団体ではございません。
最初はオブザーブから始まったものであります。

地域から頼られるJCであるために!

これからも、地域の未来を見つめ、
積極的に一歩踏み出す天童JCであってほしいものです。


年内最終の、
そして、マニュアル仮完成を祝して、

DSCF0691.jpg
市内某所にて懇親会が開かれました。
行政の方々との酒席、良く考えればあまり経験がありません。
これ、もっと早くすればよかったのに・・・。

結局、1次会では話足りない!

と言う事で、比較的若手なメンバーが2次会へ。

DSCF0692.jpg
NPO法人代表のチガハラさん。
県社協のワタナベさん。
市社協のワタナベさん。
災害支援活動のスペシャリストばかり!

そして、県社協のワタナベさんから
「どうしても会いたい」とリクエストのあった
防災委員長の黒田君が2次会から飛び入り参加。
3月例会の準備段階での熱意がとても印象的だったそうです。
彼の活躍は本当に頼もしいものでありました。

このメンバーが集い、懇親を深める事が出来るなんて、
3,11以降、考える事すら出来ませんでした。

もちろん、支援活動はカタチを変えまだまだ続きますが、
2011年度、一つの節目として、
様々な「連携」を構築し、ネットワークを活かした支援・・・、
私の役目は果たすことが出来たと自負しております。

備えに終わりなし!

1000年に一度、などとおバカな事を言ってると
明日また大災害が発生します。

いつ来るか分からないから災害なのです。
だから、備えに終わりは無いのです。

本年の経験を活かしたうえで、
更なる「安全・安心なまち天童の創造」に向け
これからも責任を持って努めてまいります。



【2011/12/15 00:22】 | 青年会議所
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック