FC2ブログ
家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
私がブロック会長に就任して初めての外部出向会議。

山形県留学生交流推進協議会へ出席してきました。

初めて訪れた山形大学。

DSCF0841.jpg
早めに着いたので、購買部や書店など立ち寄ってみました。

懐かしい・・・キャンパスライフ。

すれ違う学生さん全てが、
希望に満ち溢れた若人に見えます。

DSCF0844.jpg
会議室入室1番乗り!

DSCF0845.jpg
山形大学の結城学長を議長に、会議は進みます。

文科省の担当者より留学生受入れの現状説明。

山形県は、留学生の受入数44位(都道府県別)
なんでこんなに少ないのでしょうか?

昨年の春、震災の影響を理由に留学を辞退された学生さんは、
わずか10数%だそうです。
震災後、一旦帰国し戻らない学生さんの割合は、ほんの数%だそうです。

何よりも、留学生の減少理由は経済状況、円高ですね。

国も県も、民間団体も、様々な留学生受入れ支援策を出してます。

優秀な学生さんが沢山山形に来て頂けるよう、次なる策が必要なようです。


会議終了後は、同じ学内の別会場にて、
県民と留学生との交流懇親会です。

DSCF0849.jpg
様々な国から山形へ留学生が来ているのですね。

DSCF0850.jpg
山大の結城学長と留学生たち。


会議中からずっと気になっていた「留学生受入れ山形は44位・・・」

文科省の方に聞いてみました。

都市の規模は別として、上位県との決定的な違いは何なのか?


ある意味、予想通りの答えでありました。

「やまがたの魅力発信不足!」

細かな要因は別にしても、一番大きな課題はここだそうです。


見えてきました!


もちろん、2014年山形で開催予定なアジアンな大会の件も、
結城学長にはしっかりとお伝えしてきました。


JCも大いに役立てるフィールドがありそうです。



【2012/02/04 10:25】 | 青年会議所
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック