家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日の早朝、4時に起床。

DSCF1094_20120313131044.jpg
まだ真っ暗な中、
太平洋沿岸部、陸中宮古に向け、
日本JC役員、議長委員長、ブロック会長を乗せたバスが出発。

約2時間半。

DSCF1095.jpg
現地に到着。

震災がれきの現地の状況について
環境庁、岩手県の担当者から説明を頂きました。

DSCF1097.jpg
この問題が解決しない限り、
被災地の復興が進む事はありません。

諸外国から賞賛された日本人の豊かな精神性。

この現状を我が事と捉え、
今一度、国をあげて取り組んでまいりましょう!


現地滞在約30分。

再び盛岡に戻り、


DSCF1109.jpg
鳩山元首相と井川会頭による対談。

政権与党に対し、会頭から多くのメッセージが発せられました。


続いて、

DSCF1111.jpg
個人的に楽しみにしていた「エネルギー選択フォーラム」です。

およそ私のイメージしていた通り。

地域の問題は地域で解決。
地域特性を生かしたエネルギー政策。

ブロック事業に対し、いいヒントを頂きました!


DSCF1113.jpg
最後に、東日本大震災合同慰霊祭です。

あの日の事を振り返り、
そしてこの一年間を振り返り、様々な事を考えさせられました。

と同時に、これからの1年に対し我々JCはどうすべきなのか?
この震災を教訓にし、次なる備えをどう取組むべきか?
次を考えるきっかけとなる慰霊祭でもありました。

DSCF1117.jpg
最終最後のプログラム、クロージングです。
東北6ブロ長が最前列に並びました。


本来であれば東京で開催された日本JCの総会。

被災地東北で開催する意義を確実に感じ得ました。

3,11

絶対に忘れてはならないこの日。

全国のJCの仲間と共に時間を共有出来て良かった!

実際に目で見て感じたことを、
我々の仲間は全国各地に持ち帰り伝播してくれる事と思います。


20時過ぎ、無事に工藤運専と共に天童へ到着。

この日はお疲れ会は無しで・・・


のつもりでしたが、

無性に3.11から共に活動してきた仲間と語りたくなり、

無理を承知で21時過ぎに電話。


120312_005631.jpg
天童JCのミスター防災、黒田君と合流。

ロウソクの灯りで語り合ったあの日からの出来事を振り返り、
これからの支援について、
これからのエネルギー政策について、
次なる備えについて、
熱く語り合いました。

結局は25時。

私の3.11が過ぎていきました。



【2012/03/12 13:41】 | 青年会議所
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。