家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪への移動の時でした。
もちろん、飛行機での移動はJAL。

今回の搭乗は、CRJ200。
ビジネスジェットのような小型機で、
シートは革張りなので高級感があるのですが、
何分狭く、少々窮屈なので、
私は余り好まない機種です。

飛行機は伊丹空港へ着陸し駐機場へ、
そしてシートベルトを外し、いざ降機!

「今しばらく着席のままお待ち下さい」

あれ?まだなの?

ざわざわ・・・

「ドアが開きませんので・・・」

えっ何!

窓の外を見ると、
整備の方が大勢こちらに走って来てます。

どうやら、前方左側出口のドアが開かない様子です。
これまで何年も飛行機に乗ってきましたが、
このような体験は初めてです。

まぁ慌てる事もないし、ゆっくり待ちましょう!
と思いましたが、
今、もし機内で火災が発生したらどうなるのかな?
何て考えたら???

F1000105_convert_20090825130016.jpg
程なくして右側のドアから出るようにアナウンス。

右側から出るのも初めて。

F1000104_convert_20090825130206.jpg
左側はまだ開きません。

飛行機には2重3重の備えがあるので、
前方右側のドア以外にも、
万が一の際には出られる手段がありますので安心です。

このようなトラブルに対し、
CAの方も整備の方も、
実に冷静な対応をされておりました。

大変貴重な経験でした。

私は、こんなJALが好きです(笑)


FC2blog テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

【2009/02/02 12:57】 | マイレージ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。