家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この日は記念すべき日!

20121024_183231.jpg

山形県内で活躍する青年経済人団体
4つの組織の県代表者が天童に集結しました。

(写真左から)
社団法人山形県法人会連合会青年部 会長 山口清彦 様
山形県商工会議所青年部連合会   会長 佐藤健司 様
山形県商工会青年部連合会     会長 清野隆博 様
JC山形ブロック協議会   会長 柴崎 稔


本年、私のJC運動のテーマは「結」。
地域や組織、各種団体や地域住民などを「結ぶ」、
心と心の繋がりの中で生きる「やまがた」を一つにする!
そのコーディネート役がJCではないか!

そんな思いで1年間、ブロック会長職を務めております。

恐らく、山形県内初の試み。(と各会長が言ってます)
それぞれの会長様に趣旨を説明し、
まずは互いを知る事からはじめましょう!
と、私から呼びかけをさせて頂きました所、
4つの青年経済人団体が、私の故郷天童へお集まり下さいました。
(異業種が集う県単位の青年集団と言う括り)

まずは、各団体の組織並びに事業説明。
それぞれ切り口(手法・取り組み内容)は違いますが、
目指すべき到達点は、各団体共に同じです。
これからの「やまがた」について真剣に考え、
我が故郷を思う気持ちに何ら変わりはありません!

それぞれの「特技」を活かし合いながら
輝かしい「やまがた」創造に向け取組むならば、
そこには凄まじい「ちから」が生まれる事と思います。

小さな「ちから」がやがて大きな「渦」となり
地域再生の原動力となる「バタフライ・エフェクト!」

各代表の発表を聞きながら、
この度の発起人として、まさに鳥肌が立つおもいでした。

JCの中にも、複数の組織に属して活躍している方がいます。
この度のミーティングは、そんな方々の「橋渡し」により
実現に向け前進した所もございます。
寒河江の荒木さん、鶴岡の工藤さん、三浦さん、
ご協力ありがとうございました。

懇親会では、アルコール効果もあり更なる親睦が!
それぞれの団体の現状(本音)もお聞きする事が出来ました。
こんな事協力し合えればいいねぇ!
と言った具体的なビジョンも出てきました(あくまで酒席での話し)。

そして2次会へ。

20121024_232302.jpg
更に3次会へ。

最終最後は、
商工会青年部の清野会長と二人で4次会へ。


お会い出来て良かった!

これが各団体共に率直な感想だと思います。


変わらないために変わる
力強い行動力を持ち合わせたJAYCEE一人ひとりが
地域再生の当事者として一切の妥協を排し
清々しく運動を展開し
夢と希望溢れる輝かしい「やまがた」確立に向け立ち上がることで
凛然とした誇りある国日本を創造します。

これは、私のブロック会長基本方針(800字)最後の部分。

力強い行動力!
一切の妥協を排し!
決して諦めずに!

2012年度、二度とない時間、
残された一日一日を大切に、最終最後まで頑張ります!!!



【2012/10/23 11:19】 | 青年会議所
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。