家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河北青年会議所さんより
講師としてお招きを頂きました。

演題は「create positive change!」

時間は2時間!

2時間は初めての経験、
何とか長く感じさせないような仕掛けを盛り込み、
変革の能動者たらんとする青年の使命について
お話をさせて頂きました。

20121025_185418.jpg

最後はマキマキでしたが、
無事にオンタイムにて終了。

私がお伝えしたかった事は全て出し切りました。
長時間にわたり真摯に聞いてくださいましたメンバーの皆様、
このような機会を下さいました和田理事長、
本当にありがとうございました。

そして何と驚く事に!

この日の出席者は・・・

じゃ無くて、欠席者は、たった1名!

出席率95%!


誰だ!休んだのは!!!


何て責めたりはしません。


河北JCさんも、
事業計画書上、100%を目指す旨の記載などはありませんでした。

常に100%を目指すのが当たり前。
計画書で「100%例会!」などと謳うのは論外だと思います。

どうしても、
家族の事情や仕事の都合、冠婚葬祭だってあるかもしれません。
調整が付かない場合だってあるはずです。

結果として100%になるのは大変すばらしい事です!

しかし、強引に100%を目指す過程の中で
退会者を出した事例を私は過去に見てきました。
これは絶対にあってはならない事です。

この度の河北JCさんは、
前提としての100%(ありき)ではなく、
結果としての95%です。
本当に素晴らしい事であり、誇りにも思えることです。

私が入会してからの記憶ですが、
天童JCの100%(ありき)例会ではなく
結果としての最高出席率は94%。
2006年5月の例会です。
当時私が委員長として担当した例会です。
もちろん、計画書に100%目指す何て書きませんでした。
秘かに委員会が一丸となって目指していたものです。

天童JCの平均出席率は60%程度。
当時は、相当な知恵を出し行動した記憶があります。
残念ながら休まれた方の理由は、
どれもこれも仕方が無い、無理は出来ないものばかりでした。

その後は、残念ながら90%を越えてくる事業は
余り記憶にございません。

事業計画書の「参加推進方法」、
ここに書かれる定番の「電話・メールにてPR・連絡する」・・・
味気ない機械的なお誘い・・・
これで人の心が動かせるならば、
まちづくりなんて簡単なもんですよ!


と言う事で、
河北JCさんの95%は素晴らしい!

この団結力があれば、何でも出来ますね!

これからの河北JCさんの益々の活躍に期待します。



追伸

和田理事長より頂戴したお土産
てっきりお菓子だとばかり思いリビングに置いたままでしたが、
妻が開けてビックリ!
見た事も無い高級和牛ステーキ肉でございました。
ドヤ顔で「パパがJC行ってもらってきたんだぞ!」と私も良い気分。
素敵なお土産のおかげで、
家族の理解あってのJCを実践する事が出来ました。
和田理事長、ありがとうございました。




【2012/10/24 13:30】 | 青年会議所
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。