家庭と仕事と青年会議所・・・日々の自由気ままな奮闘記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JC山形ブロック協議会、
2012年度の節目となる日、

最終の会員会議所会議が天童市にて行われました。

最終とは言え、
2012年度は実質1ヶ月ほど残っています。
公開討論会も控え、「終わった!」とは言えない状況。

そもそも、12月31日までは、
2013年度にバトンを渡すつもりも無く、
そんな意味合いから、この度の最終懇親会も
「ファイナルアプローチ(最終着陸体勢)」と名付けました。

早朝6時30分より、2012年度役員会。
前日までの台湾ツアーの疲れもあり、
少々眠気の残る早朝会議でしたが、
会議が始れば頭もシャキッと!

この後は、2013年度会員会議所会議。
午後からは2012年度会員会議所会議。

例年であれば同時刻に始る会議ですが
この時間割が、本年私がこだわったポイント。
新旧の会議が同時開催なんて考えられません。
重なる役員や理事長が必ず居ます。
どちらの会議も大切な会議です。
だったら本質を追求し、形を変えれば良いだけです。

18時30分よりファイナル!

DSCN0398.jpg
いつも通り、例年通りが大嫌い!
日々新しいことに挑戦する事を忘れずに、
この度のファイナルも、信念を持って大幅に内容を修正しました。

特にこだわったのはこの2点。

この場は、2012年度ブロック協議会の集大成の場であり、
1年間をみんなで振り返る日。

発、愛、祭、選、未、心、そして、結・・・

これらの一文字に込められた思い、
しっかりと伝わったことと思います。
こんな演出を行ったのも、本年が初めてでしょう。

映像も、単なるブロック役員の紹介ビデオであってはダメです!
1年間の運動事業を振り返る素晴らしい映像を、
星野総務副委員長が作ってくれました。
数日寝ずに取り組んでくれた作品です。

そして、もう一点。
卒業生へのスポットライトの当て方・・・。
千鳥足での入場が本当に相応しいものなのか?
泥酔された卒業生の姿など見たくもありません!
卒業生は、残された現役メンバーの誇りです。
誇るべき背中を、卒業生には示して頂きたく、
大幅なシナリオ変更となりました。

そんな様々な想いを込めて、
例年から大幅にリニューアルしたファイナル・卒業式。
参加されたメンバーにはどのように映ったのでしょうか?


冒頭の私のブロック会長挨拶。

たぶん、これまでで一番緊張しなかったステージ。
相当冷静に、一人ひとりの顔を見ながら話す事が出来ました。

使命感、志、仲間の支え、結、生涯一jaycee、バタフライエフェクト、

結局は、一年間言い続けてきたことを繰り返し話しただけ。
何も特別なことは言ってません。
何名かの人と目が会った際には、
ぐっと堪えなければならない場面もありました。

1年間を通し、もちろん失敗と呼ばれることも多々ありました。
しかし、全ての事に本気で挑戦し続けてきたが故に、
私は「悔いなし!」と言い切れることが出来ます。
二度とないブロック会長という素晴らしき機会、
絶対に後悔したくありませんでしたから!

こうやって、数日が過ぎ冷静にブログを書いていても、
入会以来出会い私を育ててくれた、支えてくれた多くの仲間の顔が
次々と浮かび上がってきます。

やはり全ての力の源は、仲間の支えです!

私の人生においても、
とてつもなく大きなチャンスを頂いた1年となりました。

この頂戴したご恩は、皆様にお返しするだけでなく、
私は、地域へ、未来へ恩送りしてまいります!


1年間、ありがとうございました。

もう1ヶ月ほどお付き合い下さい・・・。







【2012/11/25 02:10】 | 青年会議所
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。